HK-600GTの製作1

HK-600GTだけど、今回はどんな試練が待ち受けているのか、興味が尽きないところ。早速組み立ててみる。

まずはフレーム。最初からある程度組み立てられているけど、これだけバリがあれば、問答無用で即分解。分解する途中、スウォッシュとサーボのリンケージを中継する部分のベアリングが、ネジロック剤で完全に終了している。あとで交換決定。ついでに、メインマストのベアリングもゴリゴリしてたので、交換しておく。


カーボンフレームのバリを落として面取りし、Turnigy T600 Brushless Outrunner for 600 Heli (880kv) を取り付けるために、フレームをカット。切断はのこぎりで簡単にできる。最後にヤスリがけして、ブラシレスモーターを取り付け。これくらいカットしておけば、クリアランスも問題ないようだ。


次にテール部分。ネジを外してある部分だけど、最初から動きが少し渋かった。あまり可動範囲が大きくないので、そのままでも多分問題ないと思ったけど、手直し。ただ、この部分のネジ切りだけど、回転軸を中心に対称になっていると思ったら、そうでなくてビックリ。8mmネジから10mmネジに変更して貫通させ、確りナット止めしておいた。ガッチリ且つスルスルでいい感じ。


それと、写真はないけど、テールローターグリップ含め、一度全てバラバラにし、再組み立てしている。ネジロック剤があちこちこびり付いてて、外しにくいことこの上ないけど、ゆっくり丁寧にばらしていく。スラストベアリング部にはやはりグリスがほとんどなかったので、たっぷりグリスアップしておいた。

組み直していくと、ローターハブにグリップをしっかり締め込むと、グリップの動きがすごく渋くなる。一手間加えて、締め込んでもスルスルになるようにしておいた。これでローター発射はないだろう。


組みあがったテールとスキッドをフレームとドッキング。ヘリっぽくなってきた。それにしても、HK-500GTとほとんど同じ構造なので、取り説要らず。楽なんだけど、新鮮味がないなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。