HK-500CMT墜ちる・・・。

HK-600GTの組み立ては、とある理由により作業中断。その分、HK500CMTを飛ばして楽しんでたわけだが。やってしまった。

これは、離陸直前の状態。


気持ちよく飛んでた。


 そして、墜落・・・。


反対側。

テールフィンも折れてた・・・。


低空飛行状態だったので、ヤバイと思ったときにはもうリカバリーできる高度もなく、墜落。ただ、リポバッテリーが無傷だったのは良かった。

被害は、メインローター、メンインシャフト、フェザリングシャフト、フライバー、メインギア、テールブーム、テールフィン、サーボギア×2あたり。すべて予備があるけど、完全状態に戻すのが大変なんだよなぁ・・・。

コメント

  1. こんばんわ、onlooker7921です。
    やはり500クラス以上のヘリは落とすと大破してしまうのですね。

    自分は現在250クラスを調整中ですが、なかなか思うようにすすんでおりませんが、ゆっくり進めて行こうと思います。

    返信削除
  2. onlooker7921さま

    墜ちると大抵これらのパーツは壊れますね。HobbyKingの安い部品だと、1500円~2000円といったところでしょうか。

    250クラスは、まだ幸運にも墜落したことがないので、どの程度壊れるのか、不明です。

    250の製作記、楽しく拝見させていただいております。がんばってください。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。