投稿

2012の投稿を表示しています
イメージ
盆前のことだけど、あまりにも連日暑かったので、海水浴に行ってきた。場所は津田の松原海水浴場。海の家もあり、結構きちんとしたところ。


この日はあまり人も居らず、結構空いていたみたい。気温は34度以上ありそうでメチャクチャ猛暑日だったけど、影にさえ入れば海風のせいか結構涼しい。それでも日向は太陽光線が痛いくらい。

松の陰に陣取って、浮き輪を準備。水分補給のために、水筒とクーラーボックスも持参。シートとパイプ椅子、浮き輪、ビーチサンダルと準備は万全。

思いつきと勢いで遊んだけど、結構楽しかった。最初はこんな気温でも海水は結構冷たく感じたが、徐々に慣れると少し冷たいと感じる程度で気持ちいい感じ。
当初は10分も海に入れば飽きるかな、と思ったけど、海水の気持ちよさも手伝って、20分~30分も浮き輪で浮いてリラックス。
これならまた遊びに来てもいいかな、と思えるくらい、結構満喫できました。

家庭菜園の水やりをどうするか。

イメージ
我が家では、少ないながらも家庭菜園をしているが、盆休みには帰省してしまい、水やりができない。



そこで、自動で水やりする仕組みを考えてみた。ちょっとネットで調べてみると、毛細管現象で少しずつ水を吸い上げるタイプや、水栓から直接水を引くタイプなど、何種類かあるが、価格が高かったり、機能に不安があったりと、どれも一長一短で、いまいちコレ、といったものが無い。

と思ったら、とあるブログでいいアイデアがあり、自分が思い描いていたシステムとよく似ていて、ピンときたので、実際に作ってみた。

構想の概要は、風呂水の給水ポンプ使い、予め溜めてある水をプランターに給水する。給水ポンプの電源は、AC100Vなので、ここに市販(手持ち)の電源タイマーをセットして、不在時でも自動で給水ポンプを駆動/停止できるようにする。

早速ホームセンターに出向き、給水ポンプを仕入れる。4mホース付きの給水ポンプが1,480円。これに決定。黒い電源タイマーは手持ち品。


早速、ホースをプランターに配置してみる。戻り配管で水を循環させれば、水を無駄なく利用できると思い、Uの字配管とした。


ポンプと貯水用バケツを準備し、設置完了。


ホースに適当にキリで穴を開け、給水試験してみる。



一応目的どおり動作したが、貯水バケツの高さがホースの穴より高いと、ポンプが停止してもどんどん給水してしまう。貯水バケツの位置を下げることで対処できるので、これはまぁOK。
しかし、ホースの高さによって水圧が異なり、狙った水量を得るためには、穴の数や太さなど色々と調整が必要なこともあり、レイアウトの自由度が低く、なんとなく納得がいかない。


そこで、塩ビ管と汎用ホースを準備して、システムレイアウトを変更してみる。

まず穴のサイズについて。塩ビ管にドリルで1.5mmで穴を空けることで、穴の大きさは統一できた。

次に、戻り配管をやめ、直線とし、先に栓をすることで、管内圧を一定にする。

こうすることで、
①貯水バケツの水位はホース穴より低くすること ②配管は同一高さにすること
の2点さえ守れば、単位時間当たりの水量の変化は無いので、取り扱いが容易になった。


あとはポンプ側電源をONとしておき、電源タイマーで時間指定で起動させることで、自動水やりシステムの完成。


水やりは、6:00、18:00にそれぞれ20秒間の給水として、様子を見てみることに。

WD20EARSをWindowsXPで使えるようにする。

イメージ
昨日のHDD不具合状況から、新たにHDDを準備しようとネットでいい製品がないか、調べていると、そういえばWindowsXPには2TBの壁があることを思い出した。

不具合のあるHDDの型番を調べると、Western DigitalのWD20EARS(2TB_HDD)だった。どうせデータ倉庫用のドライブなので、容量さえあればどうでもいい、と思い、よく調べずにただ接続していたため、WindowsXPに接続する際の注意をよく読んでいなかった。

どうもこのWD20EARS、XPで使うならば、ジャンパピンの7-8をショートさせてフォーマット(全容量を単一パーティションで使う場合のみ対応)するか、WD Aligntool(ユーザー登録、製品登録後、HPよりDownload可)を使い、WD Advanced Format Technology (AFT) に対応していない、XPでの性能低下を回避してやる必要があるようだ。


結論から言うと、無事不具合が解消された。


手順は以下のとおり。


1. WD20EARSをVista以上(今回はWin7)へ接続する(XPだとアクセスが滅茶苦茶遅い)。
2. 一旦HDD内のデータを他のHDDへ退避させ、フォーマットしてもいい状態にする。
3. クイックフォーマット>ボリューム削除
4. WinXPへWD20EARSを戻す
5. ボリューム作成(単一パーティション)>クイックフォーマット⇒(まだ遅い不具合のまま)
6. WD Aligntoolでパーティション変換実施(なぜか、まだ遅い不具合のまま)
7. クイックフォーマット>ボリューム削除
8. 一旦WD20EARSを外し、7-8ジャンパピンして、WinXP機に戻す
9. ボリューム作成(単一パーティション)>クイックフォーマット⇒(まだ遅い不具合のまま)
10. 一旦WD20EARSを外し、7-8ジャンパピンを外してして、WinXP機に戻す
11. ボリューム作成(単一パーティション)>クイックフォーマット⇒(不具合解消!)




12. WD Aligntoolでパーティション変換実施⇒(本来の性能発揮!512k以下のランダムWriteが高速に!)



説明では、7-8ジャンパピンのやり方、もしくはWD Aligntoolを使ったやり方のどちらか一方をするだけでいいはずなのだが、上記のとおり2つ…

ファイルサーバー兼テレビ録画用HDDが遅い・・・。

イメージ
我が家のファイルサーバー兼テレビ録画に利用している、2TBの3.5”HDDが、ここ数日前から様子がおかしい。
録画が途中で止まったり、HDD内ファイルのコピーにやたら時間がかかったりと、どうも速度が遅くなっているようだ。
事象をはっきりさせるために、HDDのベンチマークを実行すると、デフォルト設定のベンチマークでは、一向に終了しない。
そこで100MBのデータを1回だけRead/Writeさせるベンチマークを実行すると、以下の結果に。


はい、終了ですね。このスペックのHDDだと、最低でも60MB/s以上は出ていないとおかしい。試しに2.5" HDDを接続し、同じベンチマークを走らせて見ると、このとおり。


これで、マザーボードやS-ATAケーブルなどの問題でなく、HDD単体の不具合であることがハッキリした。
常時稼動のサーバで、日々のテレビの録画や、バックアップデータの同期に使っているので、結構酷使しているとは思うけど、今回のHDDは確か2010年末ころの購入だったように思うので、ちょっとはずれだったのかもしれない。
HDDの容量的にもそろそろ一杯になっているし、この辺で新しいHDDに移行しておくことにしよう。

久々にHK-500CMTを飛ばしてみた。

イメージ
気がつけば今年も折り返し。この半年、他にいろいろと忙しく、ヘリを全く飛ばしてなかったので、久しぶりにHK-500CMTを引っ張り出してみた。


Li-Poバッテリーも半年間ほぼ放置(とはいえ、危険物なので時々電圧チェックはしていたが)のため、気をつけながら充電開始。


Li-Poバッテリーは、放置していても自己放電がほとんど無い、とは聞いていたが、本当にそうだった。セル間のアンバランスもなく、まだ充分に使えそう。

結局、飛ばすのも半年振りだったので、あまり無茶はせず、ほぼホバリングのみでバッテリーをゆっくり放電させるような飛ばし方だったけど、セッティングの狂いも無く、相変わら飛ばしやすい。

電動であること、適度なサイズ、飛ばしやすさ。エンジン機を復活させるときほど手間もかからず、本当にお手軽なところは、大きなメリットだと思う。

Xperia SO-01Bを再びAndroid 2.3 GingerBread化しよう!

イメージ
昨日は、文鎮化してしまったXperiaを、なんとかdocomo標準の2.1へ戻すことができた。



今日は、再びそれをAndroid 2.3 GingerBread化したいと思う。なんだかんだ言っても、やっぱりAndroid 2.3 GingerBreadの方が使いやすいので。

さて、手順としてはこんな感じ。

1.FlashToolによるroot化→xRecovery導入
2.Android 2.3 GingerBread化

では、手順どおりに進める。まずは「1.FlashToolによるroot化」。こちらのサイトの中段あたりにある、「◆FlashToolによるroot化→xRecovery導入◆」を参考に行った。

1.FlashToolを起動し、USB接続(Xperiaは充電モードを選択)。ミニダイアログが出るので、X10を選択。

2.「Root」ボタンを押すと、以下のようなログが出てる。


そして、10秒もかからずにroot奪取。


3.自動で端末が再起動するので、続けて、「Ask Root Perms」ボタンを押す。すると次の画面が出る。


4.「許可」を押し、これでroot化完了。続けて、「 xRecovery 」ボタンを押す。

5.FlashToolを終了し、XperiaからUSBケーブルを抜いて、Xperia再起動。

6.SonyEricssonロゴが表示されたところで、バックボタンを数回おすと、xRecoveryが立ち上がる。



続いて、「2.Android 2.3 GingerBread化」。ここからは、こちらのサイトを参考にした。

必要なファイルは、ROMとFirmware。ROMは、ごろーさんスペシャルのファイル「gb 3.0.1.G.0.75 fix2.zip」を利用させていただく。Firmwareは、「prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75.7z」を使用する。

7.ROMファイル「gb 3.0.1.G.0.75 fix2.zip」を解凍したftfファイルを、FlashToolのFirmwareフォルダに入れる。
例 C:\FlashTool_0.2.9.1\firmwares\X10i_3.0.1.G.0.75_only kernel_baseband.ftf

8.Firmware「prerooted_X10i_3.0.1.G.0.75…

Xperia SO-01Bが文鎮化してしまったので。

イメージ
Xrecoveryで、かみさん用環境と、自分用環境のバックアップを作っておき、必要に応じてレストアして使おうとしたところ、

「Can't mount /sdcard ・・・」

というエラーが出てしまい、起動ループが起きてしまった。

ググッてみると、同様の状態があるようだが、結局のところ、こちらこちらのサイトを参考に、ドコモ版2.1へ戻した。

PCの再インストールなどもあり、Android SDK環境など一切ない状態からの復元だたので、ずいぶん面倒なことになると覚悟していたが、あっさりと文鎮化からは脱することができた。今後のこともあるので、自分メモを残しておこうと思う。

1.環境準備
Windows環境
Vista32bitSP2で実施

Java
今回はVersion6 Update30で実施、こちらからダウンロード。

AndroidSDK
これは要らなかったかも。でも、adb shell 使いたければ、結局必要になる。こちらからダウンロード。今回は、Windowsの環境設定である、path設定もやってくれるだろうと思い、installer_r16-windows.exeをインストールしたのだが、pathは手動で設定しなければならなかった。

path設定の前に、どのバージョンからか知らないが、adb.exeが\android-sdk\platform-toolsに移動したようだ。adb.exeも、SDK Managerから選択インストールしないといけないらしい。

ということで、「Android Platform-tools」を選択して、インストールする。



そして、pathを設定。
コントロールパネル>システムとメンテナンス>システム>システムの詳細設定>詳細設定タブ>環境変数の順で開く。


システム環境変数(S)の変数「path」を選択して、「編集」、既存のパスの後に追記する形で、

「・・・;C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools」

とする。



あとは、コマンドプロンプトで、「adb.exe」が走れば、ok。



2.書き戻すツール、ロムの準備
ツールは、X10FlashTool.exe(FlashTool_0.2.9.1)。Cドライブ直下にコピーしておく。
ロムは、Do…

謹賀新年。

イメージ
あけましておめでとうございます。今年も物欲全開で、元気にブログを書き綴って行きたいものです。

さて、今年の最初のブログ更新は、ヘリではなく、時計について。とは言っても、今回は自分のではなく、カミさんのもの。

で、これが選ばれた時計。


CITIZENのxC(クロスシー)、エコ・ドライブ電波時計 MINISOL(ミニソル)。

最新モデルでないらしいけど、デザインが良くて、今でも一番人気らしい。文字盤にラメが入ってたり、インデックスも立体タイプで多面カットしてあったりと、凝ったものになっている。そしてこんなに小さいのに、電波ソーラー時計。よくこれだけの機能を詰め込んだものだと感心する。

自分の時計と並べると、その小ささが際立つ。


カミさんも一部上場企業の受付で働いているので、これくらいの装備は必要、かな。気に入ってるみたいなので良かった。