電動ヘリコプター ファルコン-X

地元のパソコン工房へ、安価なHDMIケーブルを買いにいったところ、この電動ヘリコプターを発見。お値段3,980円で売ってた。最初は、フーン、なかなか精巧にできてるなぁ、くらいに思っただけだったけど、どの程度飛ぶのか気になって、手持ちのXperiaでググッてみた。


すると、かなりちゃんと飛ぶことがわかり、この値段ならいいか、と思って買ってしまった。
家に帰って箱から出すと、金属チックなフレームがなかなかよろしく、おまけに照明用にLEDが8つも装備されている。例え飛ばなくても部屋のオブジェには十分なりそうな感じで、すっかり気に入ってしまった。

機体のメインローターは合計4枚で、右回転2枚、左回転2枚で、それぞれの回転反力を相殺してしている模様。そしてその反力のバランスをわずかに崩すことで、ラダー軸の左右コントロールを可能としている。


また、このヘリのテールローターは上向きについており、これは当然ラダー軸のためではなく、ピッチング方向のコントロールのためについているようだ。なので、前後に舵をきれば、この羽が右回転もしくは左回転する。ピッチング動作がない場合には、例え飛行中でも、回転が止まっている。



コントロールは赤外線で、左スティックの上下でローター回転コントロール。右スティックの上下でピッチングコントロール、左右でラダーコントロール。LEDのON/OFFも右下の3連ボタンの一番上で操作できる。


ヘリの電池はリチウムイオンポリマーで、コントローラーから充電。時間は約40分、1回の充電で約5分ほどの連続飛行が可能。5分は短いと思うかもしれないが、集中して機体をコントロールすることを考えれば、個人的には十分な飛行時間と思う。ちなみに、フライト後、すぐの充電は電池が最悪発火する可能性があるため、最低15分ほどは休ませる必要がある。



操作がまだ下手だけど、かなり安定して飛ぶ。パワーはこのサイズを考えれば申し分ない。また少々ぶつけても、すぐにローターが破損する、ということもないようだ。あとはコントロールの上達だけだ。

コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。