久々にHK-500CMTを飛ばしてみた。

気がつけば今年も折り返し。この半年、他にいろいろと忙しく、ヘリを全く飛ばしてなかったので、久しぶりにHK-500CMTを引っ張り出してみた。


Li-Poバッテリーも半年間ほぼ放置(とはいえ、危険物なので時々電圧チェックはしていたが)のため、気をつけながら充電開始。


Li-Poバッテリーは、放置していても自己放電がほとんど無い、とは聞いていたが、本当にそうだった。セル間のアンバランスもなく、まだ充分に使えそう。

結局、飛ばすのも半年振りだったので、あまり無茶はせず、ほぼホバリングのみでバッテリーをゆっくり放電させるような飛ばし方だったけど、セッティングの狂いも無く、相変わら飛ばしやすい。

電動であること、適度なサイズ、飛ばしやすさ。エンジン機を復活させるときほど手間もかからず、本当にお手軽なところは、大きなメリットだと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。