HK-600GTの製作4

12セルで飛ばそうと考えているのだが、ローター回転数がどれくらいなのか、テスト飛行前にできれば把握しておきたい。そこで、いつものFFT解析で、無負荷ではあるが、ローター回転数を計算により求めてみる。まずは6セル状態で計測。


4100Hzと、8200Hzにピークが見られるが、スペックからしても4100Hzが正解だろう。ギアはノーマル170Tなので、回転数は、

4100(Hz) ÷ 170(T) × 60(s) = 1447(rpm)


続いて12セル状態で計測。音がかなり怖い。


7900Hzにピークが見られる。ギアは同じくノーマル170Tなので、回転数は、

7900(Hz) ÷ 170(T) × 60(s) = 2788(rpm)



それぞれの電圧と電流だが、ビビリながら作業してたこともあり、間違ってるかもしれないが、確か6セル時が23V、6A。12セル時が46V、10A。予想では、どちらも電流値は同じになると思ってたけど、12セルのときのほうが、電流は多かった。ESCの設定は、8kHz、進角15度なので、ひょっとすると12セルの時は、進角をもう少し進めると、電流が減るかも知れない。

今回のローター回転数からモーターの回転数を逆算すると、6セル時は、18922(rpm)、12セル時は、36458(rpm)。どの位進角すればいいか、検討もつかないけど、今のところは少しずつ進角値を変えてみて、電流値が減るところを見つけるしかない。

ただ、扱う電圧・電流が大きいので、安全に十分注意しないと、怪我をしたり、他にはESCから煙が出たりするかわからないので、慎重に調べないといけない。

コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。