気に入ってた腕時計に水が・・・。

今使っている腕時計 SEIKO 7T32-6E40。気がつくと内部に水が入ってしまい、早く修理に出せば何とかなったものを、グズグズしてるとインデックスや、針の中心部分が腐食しはじめてしまった。仕事で営業活動もしているので、このままではちょっと格好が悪い。


まだ動いてはいるものの、こうなってしまってはもう止まるのも時間の問題だろう。しかし、思い入れのある時計なので、メーカー修理に出せば何とかなるかもしれないと思い、カスタマーサービスに問い合わせてみた。すると、同じ色の文字盤は欠品しており、またオーバーホールだけでも1万数千円、サファイアガラスの風防傷や、ベゼル傷も直そうとすると、本体価格を超えてしまいそうな勢い。。いろいろ考えた末に、新たに腕時計を探すことにした。予算は機能やデザインが気に入れば、大台に乗らない程度で検討。

近くの時計屋さんで見つけた、CH020M-BK4(左)、CH023M-BK1(右)。


CLOCKHOUSEのオリジナルということで、どちらも14,700円となかなかお安い。ただ、風防が普通のガラス。サファイアガラスより割れにくいとのことだけど、傷つきにくいのはサファイアガラスの方らしい。ブレスはメタルがいいので革ブレスのCH023M-BK1(右)は×。CH020M-BK4(左)はいい線いってるけど、ブレス含め全体的に光りすぎかも。文字盤のデザインはCH023M-BK1(右)の方がちょっといいかも。

同じお店で見せてもらった、SEIKO SPIRITのSBTM145。


ソーラー電波時計、サファイアガラス、チタンバンドとスペックは最高級。これまではなんとなくクロノグラフで探してたけど、これはベゼルが薄くてフェイスが大きく見え、シンプルだけどインデックスも文字盤より手前で立体感があり、とても個性的。ベゼルやブレスも全体的にヘアライン処理で光を抑えることで、インデックスや針の煌きが一層引き立つ感じ。ただし、お値段が50,400円。ちと高め。

ネットでいいなぁと思った、CASIOのオシアナス、OCW-T1000-1AJF。
これもソーラー電波でチタンブレス、サファイアガラス採用。針も大きくてかっこいい。在庫のある店で手にとって見てみると、角度によってはガラスが薄青い光を反射し、すごくきれい。ワールドタイムな文字盤も個性的でカッコイイ。ただし、これもお高く、105,000円。

いろいろ見てると、針が大きくて、フェイスが大きめな時計が良く思えてきた。そしてネットで見つけたこちら。



サファイアガラス採用のクロノグラフのクォーツで、ムーブメントが7T62という、これまで使って来た7T32-6E40と似た感じ。デザインはクォーツなのに針が結構大きく、ローマンインデックス、文字盤もギョーシェ彫りとなかなか凝っている時計。SEIKOだけど、ヨーロッパ向け海外モデルでMADE IN JAPAN。お値段は特別価格だったので秘密。

ということで、結果はこのとおり。


ブレス調整は実際にやってみるととても簡単で、納得のいくまでしっかり調整。腕が細いので、実際に物が届くまでは多少不安だったけど、装着してみるとまったく問題なかった。品質も肉眼で細部まで確認しても本当に素晴らしく、いい買い物ができた。

時計がお安く買えた分、奥様に還元。いろいろと大変なことがあって、心配かけたりしたので、少し奮発してプレゼント2つ。


とても気に入ってくれたみたいでよかった。

コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。