なんとか軌道にのってきたかも。

プロトコーポレーションの下方修正で痛手を負いはしたけど、その後の投資信託は順調に増え、マイナス挽回⇒プラス10万程度の含み益に。

今の日本経済は、世界的に見て割安という事で買われているけど、これがいつまで続くのか。

早めの利益確定だと資産は増やせないし、かといって折角の含み益を、場合によってはマイナスになるまで様子見するのもなんだかなぁ、って感じもするので、今の上昇⇒調整、押し目などを見ながら利益確定の判断するしかないのかな。

とは言え、今の投資のほとんどは投資信託なので、頻繁に出し入れする類でもないだろうし、暴騰暴落なしに、無難に増えていけばそれで十分なんだけどなぁ。

FRBの次期議長もパウエルさんに決定したみたいだし、上昇スピードは程々に、順調に世界経済が回っていけば嬉しいなぁ。

それと、100株だけまたプロトコーポレーション買ってみた。前回の下方修正から何も学んでないのか、それとも買い戻したのは正解だった、となるのかは、数カ月~半年後に判明すると思う。


コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。