HK-T500にFUTABA GY-401をつけてみた

結局Hobby KingのHK401Bジャイロで納得できず、シャトルZXXから再びFUTABA GY-401を付け替え。飛ばしてみると、やはりテールがきまって操縦しやすい。


風はほとんどなかった状態だが、IDLE UPしてないせいか、若干落ち着きがない様子。いや、ただの言い訳。


HK401Bだと、パワーをかけた瞬間にテール負けして約90度ほど左向きになっていたが、それも解消したみたい。今つけているピニオンは12Tで、GP機に比較してEPは瞬発力があり、慣れるまではこれで十分。


ただのホバリングだと、フライト時の終了セル電圧3.6Vで、約10分も飛べる。今のスキルは、対面ホバしかできず、3D飛行なんてもってのほか。落としそうな練習には、広い河川敷に行くとして、これからどう練習しようか。安全に気をつけて、まあ、ゆっくりやるさー。

コメント

このブログの人気の投稿

回転計なしで、RCヘリのローター回転数(rpm)を計測する方法

Canon EF 28-105mm F3.5-4.5 II USMをGet!

家庭菜園の水やりをどうするか。